HIRSAKI KNIFE BOX

HIRSAKI KNIFE BOX(2011)

Design: 芦沢啓治

Director:弘前商工会議所_村谷要

ナイフ製作:二唐刃物鍛造所_吉澤俊寿

木工:木村木品製作所 木村崇之

漆:Tsugaru Urushi Spirit合同会社 木村正人

PRICE 刃物をつけて 300,000YEN

photo :Takumi Ota

弘前のナイフはおよそ1000年の歴史がある。桐の木によってつくられた弘前のナイフのためのケースはその歴史と美しいナイフを表現するものであり、鋼を湿気やエッジの破損から守る。スライドのためのレール、ジョイントは、弘前でリサイクルを推奨しているリンゴの木を使用した。

(このプロジェクトは、wallpaper magazineからの依頼により、wallpaper handmade 2011における展示品として、弘前のナイフのためのコンテナを作ってほしいという話からスタートした。)

HIRSAKI KNIFE BOX(2011)

Design: Keiji Ashizawa Design

Director:Hirosaki Chamber of Commerce & Industry_Yo Muraya

Knives: Nigara Knife_Toshihisa Yoshizawa

Wood work: Kimura Wood work_Takayuki Kimura

Urushi: Tsugaru Urushi Spirit LLC_Masato Kimura

PRICE: 2,200EURO + SHIPPING COST

photo : Takumi Ota

Hirosaki Knives have been around for approximately 1000 years. The cases for the knives are made from paulowina wood, and apple tree wood. These woods are used not only for the unique look of the design, but also the efficiency of the protection of the knives. Paulownia is unique to the history,and culture of Japan. Finally, the apple tree, that is used as the rail and connection, comes from the apple tree in Hirosaki which is the most famous producer of apples in Japan.

( It showed at Wallpaper* Handmade 2011,It was featured on Wallpaper* Handmade 2011. Many thanksto Emma Moore from Wallpaper* Magazine. Hirosaki artisans and I met and created this product together.)