BAR EPICE

Bar Epice(2007)

Site:東京 Architect: 芦沢啓治建築設計事務所 Project architect: 芦沢啓治/関川直樹 施工:シラコテック グラフィックデザイン:room-composit

photo:Daici Ano

木のカウンターに9席。コンクリートで出来たスタンディング席。
鋭角なプランに沿わせるようにカウンターを二つ設置している。コンクリートのカウンターは、そのまま階段となり、壁、床と繋がっていき、木のカウンターは、椅子と一体化された鉄板の立ち上がりにそっと載せらている。それら二つの要素は明確に分けるために、椅子はカウンターから持ち出され足は地面に設置しない。主に木のカウンターだけを照らすために、ナツメ球を細かいピッチに並べ、ルーバーによって光を切った長さ4mの照明が上からつられているが、そのボリュームは黒い天井の溶け込み、必要な光だけをカウンターに与えられている。

Bar Epice(2007)

Site:tokyo Architect: Keiji Ashizawa Design Project architect: Keiji Ashizawa / Mriko Irie 

Photo: Daici Ano

Bar Epice is a wine bar in a half basement near Roppongi crossing which is located in one of Tokyo’s more affluent area.
In order to design the longest bar counter possible using Bubinga wood in a small triangulated plane area of 26 square meters while also providing a standing counter from concrete on the opposite side, the bar counter is placed diagonally across the space.To emphasize the two counters and to use the small space effectively, the bar stools are cantilevered off the wall under the bar counter.A 4 meter long lighting equipment hung over the counter is made to light up the bar only without creating any shadows.