Contact

contact

皆様からの仕事のご依頼やご相談、取材のご依頼等、常に歓迎しております。 まずはメールにて、またはお電話にてご相談ください。

For all job requests,product and media inquiries,please contact directry.
info@keijidesign.com

芦沢啓治建築設計事務所

一級建築士事務所

〒112-0002
東京都 文京区 小石川2-17-15 1F
tel. 03-5689-5597
fax. 03-5689-5598
info@keijidesign.com

Keiji Ashizawa Design Co., Ltd

zip 112-0002
2-17-15 1F Koishikawa Bunkyo-ku Tokyo Japan
tel +81-3-5689-5597
fax +81-3-5689-5598
info@keijidesign.com

(Our office can respond to English,Spanish and Japanese requests.)

アクセス:

  • 都営三田線/都営大江戸線「春日」駅から徒歩6分
  • 東京メトロ丸ノ内線/東京メトロ南北線「後楽園」駅から徒歩8分
  • Toei Mita Line/Toei Oedo Line Kasuga-6minutes wark
  • Tokyo Metro Nanboku Line/Marunouchi Line Korakuen -8minutes walk

設計について

私たちは建築設計を軸に、インテリアデザイン、家具や照明の設計を仕事としています。これらは別々の部門として存在しているわけではありません。同時に仕事として続けることで、デザインや製作においてアイデアの引き出しをできるだけ多く持つこととなり、柔軟にプロジェクトに対応することを目指しています。例えば、建築の設計において、必要であれば机やソファー、照明や取っ手、つまみにいたる小さな部品までデザイン、製作をします。空間や既成の何かでは解決できない問題を例えば、家具で、あるいは製作の扉によって解決できるとが多々あります。このようなアイデア引き出しの数々は、デザインや製作を幅広く知る必要があり、我々がデザインを詰めていく過程において、重要かつ必要不可欠なものです。こうした活動はアーキテクトにとって決して新しい話ではなく嘗てはみなそのように空間をつくってきました。コルビジェやアルネヤコブセンといったアーキテクトは全てをデザインすることでその質を確保してきたといっていいと思います。彼らにならい、コンセプトから、小さな部品にいたるまでコントロール、トータルにデザインを検討してこそ初めてデザインが成立するということ、それこそがあえて今私たちが唱える設計の理念です。

Keiji Ashizawa Design is an architectural and product design studio based in Tokyo, Japan. Formed in 2005 by Keiji Ashizawa, following ten years working experience in both architecture and steel fabrication, the office now comprises of eight staff members each bringing unique skills to the team.
Through logical thinking and open-mindedness, the office presents works of ‘honest’ design – simple yet refined, thoughtful and of a light manner – derived naturally through the process of attempting to maximise the potential of each material and its function. The combination of materials and detail tell a story, with inherent richness in the subtly.
The sharing of experiences is essential to broaden possibilities, exercised through collaboration on many levels: internally amongst staff members; creating relationships with clients to form an evolving dialogue of thought; and working with other creative professionals to grow, learn and expand the potential of each project.

1:設計料について

住宅の場合、最低設計料を350万円として、設計条件などによって工事費の12%~15%の意匠設計料としています。(構造設計料が別途かかりますが、設計料の15%~20%とお考えください。)料率は工事費に反比例して小さくなりますのでご相談ください。インテリアの設計は、最低設計料を140万円として、工事規模、坪あたり7万円~9万円の範囲で、または工事費の15%で適正に判断し設計料をきめております。

Regarding design fee,please contact us and I would like to talk more details about your project.
2:エリア

交通費は別途となりますが、日本全国、またローカルアーキテクを雇えるのであれば、英語の通じる限り、海外の仕事も可能です。遠方の場合、交通費は別途いただいております。いままでに、大阪、石川、宮城、千葉、静岡で仕事をしてきました。昨今のコミニケーション技術によって現場監理も遠方でありながらも細かくできるようになりました。日本に住む外国人の仕事も多数手掛けております。打ち合わせやメールは英語でもかまいません。

3:仕事の流れ

まずは気軽にご連絡いただければと思います。契約前にPLANを提案をする場合、一律20万円いただいていおります。もしそのまま設計することになればそれは設計料に含める形としております。

4:設計についての私たちのスタンス

私たちは、スタイリングで設計はしておりません。クライアントのニーズや、様々な条件から材料、デザインを注意深く選択していきます。合意の積み重ねやディスカッションの密度によって、時に素晴らしいアイデアが生まれ、デザインが大きく飛躍します。私たちがお付き合いさせていただいた多くのクライアントが竣工するのを心待ちにするのと同時に、その過程を楽しんでいました。私たちの設計のスタンスは、多くの話をきき、その中からアイデアを共に進化させていくという方法をとっているため、設計途中や現場がはじまってからの打ち合わせも躍動感にあふれたミーティングが繰り返されます。設計の仕事、デザインの仕事は、クライアント、そして関わる多くの人たちとの共同作業だといえます。