OKAME 甘味おかめ渋谷PARCO店

2019

Site: Tokyo

Architect: Architect:KEIJI ASHIZAWA DESIGN

Project architect: Keiji Ashizawa, / Kenta Hirayama

Furnitures: plots inc. Ariake

Photo: Takumi Ota

渋谷カルチャーの代名詞的存在である渋谷PARCO B1F”CHAOS KITCHEN”内にオープンした、1930年代から続く甘味処 おかめの店舗をデザインした。
たくさんのレストランや商業施設が並ぶ中、店の中央に欅の1枚板のテーブルが潔く置かれたレイアウトが特徴的になるようプランした。
この1枚板はクライアントと共に材木屋に足を運んで決めたもので、テーブルと共に土の混ざった左官壁や石床などを採用することで、おかめが食材にこだわっている様に、素材にこだわる空間目指した。
アートはクライアントの知人によるものでオーセンティックな空間と渋谷のカルチャーをブリッジする役割を果たしている。

Site: Tokyo

Architect: Architect:KEIJI ASHIZAWA DESIGN

Project architect: Keiji Ashizawa, / Kenta Hirayama

Furnitures: plots inc. Ariake

Photo: Takumi Ota

Interior project for the authentic Japanese sweet parlour OKAME at Shibuya PARCO which is known as the representative of Shibuya POP culture.
For the client who cares so much about material not only for the food but also for the spaces, we picked a beautiful wooden plate cut out of Japanese zelkova tree which became an enormous dining table set in the center of the parlour.
An art piece drawn by a friend of the client is hung on the clay plaster wall, which works as a bridge between the authentic space and Shibuya POP culture.