GRAVITIY LIGHT #PP

Gravity Light #PP(2009)

Design: 芦沢啓治

Photo: 太田拓実

一枚のうすいポリプロピレンのシートにスリットをいれ、ぶら下げる。スリットからの直接光と、フロストに加工されたシートからやわらかく分散した光が、机上面と天井を照らす。 2008年に制作したGravity Light は、薄い鉄板における自重によるたわみを反射板として利用した照明である。今回ポリプロピレンを使用することで、同じように重力をつかった照明ではあるが、光を通す素材であるため、まったく異なるフォルムがうまれてきた。同様にフラットな状態からフォルムが形成され、簡単にフラットなシートに戻る。かつ超軽量、省スペースのためシッピングに適している。

Gravity Light(2009)

Design: Keiji Ashizawa

Photo: Takumi Ota

A slit is cut into a thin polypropylene sheet, and suspended. Direct light through the slit is blended with diffused light passing through the frost-textured sheet to softly light your desktop and the ceiling. The idea was originally developed in 2008 as “Gravity Light”, which at that time used a steel sheet which sagged with its own weight. A brand new form has resulted this time thanks to the translucency of polypropylene, although the idea of using gravity to define its form remains. When it easily returns to its flat state, it’s extremely lightweight and space-saving enabling easy transportation.