APARTMENT506

2008

Site: Tokyo

Architect: Keiji Ashizawa Design

Project architect: Keiji Ashizawa/Mariko Irie

Photo: Takumi Ota

東京にあるアパートメントのリノベーションプロジェクト。クライアントの住空間であり、ワークプレイスでもあるこの場を、いかに素朴でタフな空間に出来るかを考えた。
住まいに必要な要素を徹底的に考察しながらも、豊かでフレキシブルな空間を実現するため、インテリアエレメンツを取捨選択していった。
最終的に残った室内の大きな2枚のドアは、時に住空間の舞台装置のように、また時に光を取り込む大きな壁として、その空間を自由に仕切り、繋げる機能を果たしている。

Site: Tokyo

Architect: Keiji Ashizawa Design

Project architect: Keiji Ashizawa/Mariko Irie

Photo: Takumi Ota

Succinct yet tough – we were commissioned to design an apartment in Tokyo which was both for living/working. Renovating the space thinking minimal and flexible possible, we tried to sort out the interior elements as much.
These 2 iconic, big semi-transparent doors in the pictures, add function to separate/unite the spaces quite easily.