Blue Bottle Coffee Shibuya Cafe

2021

Site: Tokyo

Architect: Keiji Ashizawa Design

Project architect: Keiji Ashizawa / Yuichiro Takei

Design: Keiji Ashizawa Design

Construction: TANK

Furnitures: Keiji Ashizawa Design

Photo: Ben Richard / Masaaki Inoue

渋谷駅から代々木公園に向かって歩く公園通りから一本入ったところに渋谷区が有する北谷公園。今回の改修によって周囲に開き都市公園らしい公園となった。その北谷公園内にある2階建ての建築において唯一のテナントがBlue Bottle Coffee Shibuya Cafeである。
まず、公園のカフェとしての佇まいをインテリアのデザインとしてどう考えるのか、見せるのかを考えている。2階への誘導も含め動線計画から検討しなおし、北側に設けられた自動ドアはサブのエントランスとし、東側公園からをメインの動線系としている。結果、公園との親和性はまし、ピロティー空間と2階への誘導もスムーズになっている。また北谷公園が土の公園であった記憶、また公園の一つのエレメントとして、火山灰から作られたタイルを選び、1階はカウンターに、2階は公園から視認性がある壁一面に貼った。
このタイルは今回公園とカフェを、そして1階と2階のインテリアをつなぐ役割としても機能しているとともに、渋谷のブルーボトルはタイルのお店という認識を持ってもらう意味でも今回のインテリアにおいて最も重要なマテリアルである。 1階の座席はカウンターでバリスタがコーヒーを淹れる様子や外の公園を見ながら滞在できるようハイカウンターとローカウンターを設置した。
また、2階にはカーテンで区切ることのできる床のレベルを落としたソファエリア、楕円形のダイニングテーブル、図書館のようなライトで手元を優しく照らしてくれるハイテーブルに加え、タイルによる大きなローテーブルを囲んだソファエリアと、多様なシチュエーションで各々の楽しみ方を模索してもらえるような計画であるとともに、どこにいても公園の緑が見える配置としている。
渋谷カフェでは、初となるアペタイザーとナチュールワインの提供も計画されており、従来のカフェだけでなく、少し違ったブルーボトルを楽しめる。また、そのような夜のメニューだけでなく、公園の中でまるで友人宅に招かれたかのような居心地を楽しんでいただけると幸いである。

Site: Tokyo

Architect: Keiji Ashizawa Design

Project architect: Keiji Ashizawa / Yuichiro Takei

Design: Keiji Ashizawa Design

Construction: TANK

Furnitures: Keiji Ashizawa Design

Photo: Ben Richard / Masaaki Inoue

The Blue Bottle Coffee Shibuya cafe is located a short walk from the busy atmosphere of the downtown area. Designed as an urban retreat situated between two parks, the interior is the second Blue Bottle Coffee produced by our studio.

Walking through Kitaya Park past customers enjoying coffee on Ishinomaki Laboratory’s benches, you first encounter a large, curved tile-counter surrounding the kitchen area. These tiles, with a special volcanic ash glaze, are a key material to connect the interior and exterior and were developed as a collaboration between London material manufacturer, Dzek, and the Amsterdam-based design studio Formafantasma. Throughout the cafe, more than 7000 tiles were carefully laid by a single skilled artisan.
On the ground floor, we placed tables of differing heights - a high counter with stools so that people can watch the barista preparing their coffee, and a lower table for people to enjoy the park from inside.

Moving up to the second floor, you will find a variety of seating options designed to suit the needs of different customers. At one end of the space, a lowered floor area with banquette seating (upholstered in an autumnal orange textile) can be separated-off from the main area via a grey, sheer curtain. An oval dining table in the center provides a casual, communal atmosphere for sitting around, and a high counter table with a library-like light allows for quiet groups and singles to sit at the rear of the space. At the far end, a low, tiled coffee table is surrounded by comfortable lounge chairs and sofas.

In addition to the early morning coffee/food menu, appetizers and natural wine will also be available in the evening. We hope that visitors will enjoy the warm atmosphere as if they had been invited to visit the welcoming house of a close friend.