「十」石巻工房の十年展

EXHIBITIONS 2021.06.07

2011年に甚大な被害を及ぼした東日本大震災から10年が経ち、市民のための公共工房として同年6月に発足した石巻工房は、震災後の復旧・復興のため、また地域のクリエイティブの中心となるべく家具づくりを続けてきました。現在は数度にわたる引越しを経て、市内にある元海藻加工工場をリノベーションし運営しています。瞬く間に過ぎた10年の間に、石巻工房では、国内外のデザイナーとのコラボレーションをはじめ、さまざまなことがありました。また、工房が掲げる“ Made in Local プロジェクト” は、現在イギリス、フィリピン、アメリカ、ドイツなど、世界の10を超える地域でワールドワイドな広がりをみせ、それぞれの地域で石巻工房の商品がつくられています。そして日本ではカリモク家具と共に「石巻工房 by Karimoku」として2019年に新しいブランドがスタートしました。
本展では、石巻工房の10年間の軌跡についての展示と共に、石巻工房の家具でリビングスペースをしつらえ、石巻工房のクリエーションを体感していただけます。是非この機会にKarimoku Commons Tokyo へお越しください。
感染症対策もあり、Karimoku Commons Tokyoは完全予約制にて運用しております。お越しいただける際は是非このリンクよりご予約をお願いいたします。

会場:Karimoku Commons Tokyo 〒106-0031 東京都港区西麻布2丁目22-5
会期:2021年6月14日〜8月6日